子供の特性を最大限に生かした中国語カリキュラム

  中国語ジュニアコース


− 積極的に参加・発言してしまう中国語レッスン −


中国語を少しでも学習されたことがある方はご存知だと思いますが、日本の漢字と中国の漢字は、同じものもあれば異なるものもあります。


しかし、小学生は日本語と中国語の漢字の区別がつきませんので、小さな頭が混乱しないように、最初の1年前後はカードを使用したり、絵を描いたり、ゲームをしながらできる限り音だけのレッスンをしてゆきます。



中国語ジュニアコースのカード 中国語ジュニアコースの道具 中国語ジュニアコースのカード



音だけのレッスンをする理由がもう1つあります。


それは、子供は大人と違い聞いた音をそのまま発しますので、日本語の8倍以上の数がある中国語の音を習得するのに非常に有効です。発音を大人になってから覚えるのは、かなりの努力が必要ですが子供は聞いた音を頭で考えることなく発するので、難しいと思うこともありません。

また、小学生、特に1,2年生はまだまだ集中力が続きません。ですから、45分間ずっと1つのことをするのではなく、集中力が切れそうになっるタイミングを見計らい2つめ、3つめと、どんどん展開してゆくレッスンをします。


こうすることで、集中力を保てるばかりでなく学校のような受身の授業ではなく、自分から進んで参加する姿勢を引き出すことができ、最終的に中国語は楽しいということを自然に体感できるようになります。



中国語ジュニアコース 受講生のノート 中国語ジュニアコース 受講生の人形劇 中国語ジュニアコース 受講生のノート



150枚以上あるカードや簡単なフレーズを覚えたら、いよいよ小学生用に独自編集した見た目にも楽しい教科書を使用し、本格的なレッスンが始まります。


また、子供のレッスンは、お子様がご通学を開始されると親御様は期待のあまり急激に中国語を話せるようになると思われるようですが、そんなことは決してありません。子供はスポンジのように何でもあっという間に覚えますが、スポンジをギュッと握るとジャーっと水分が出てしまうのと同じで、忘れるのもあっという間です。


 覚える⇒忘れる⇒ 覚える⇒忘れる⇒覚える


というサイクルが大人より何倍も早く、大脳生理学的にも素早く何回も繰り返すことで、しっかり記憶に定着させるというのが子供の記憶の特徴だと言われています。先ずは、楽しくレッスンできるような環境を作ってあげることが何より大切です。


楽しいことは「やめなさい」と言っても簡単にやめられないのと一緒です。





 
 ■ 中国語ジュニアコースの料金など ■


  マンツーマンレッスン

  時 間  火〜土:14:00-21:30  フリーアポイント制
  入会金 \15,000-     
  受講料 \13,600-(週1回・45分×4回)  教材費含
  受講料 \24,700-(週2回・45分×8回)  教材費含
  料金は税込です



  お申込は> こちら <  




 ご受講生の感想はこちら